読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「常勝馬券師の勝ちに行く競馬」

これまでに読んだ競馬本の中から、良さそうな本を順次紹介してみようと思う。

1冊目は、ウマニティでおなじみのスガダイ氏の競馬本「常勝馬券師の勝ちに行く競馬」だ。

 

 

この本は、具体的な馬券術を書いた本ではないので、そういう意味での即効性は期待できない。しかし、長い目で見ると、この本に書かれていることをキチンと消化できているかどうかは収支に大きく影響するんじゃないかと思う。

内容としては、競馬予想に当たっての基本的な心構えというか手順、フォームみたいなものを初心者にもわかるように説明しているのだが、そのひとつひとつは特別なことを言っている訳ではなく(むしろ「当たり前」だとすら言える)、新鮮味はない。

しかし、それらが「本当に自分の予想フォームとして身についているか」という点で考え直してみると、この本に書かれている当たり前のことを、雑にあつかっていたことに気付かされた。

「基本に立ち帰って考える」ことは、初心者のみならず、ある程度経験のある競馬ファンにも有用なんじゃないかなと思う。

 

常勝馬券師の勝ちに行く競馬 正しい予想手順が馬券収支を一変させる!

常勝馬券師の勝ちに行く競馬 正しい予想手順が馬券収支を一変させる!