読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年02月26日(日) 第91回 中山記念(G2)

上位人気が休み明けの馬だらけで 、胡散臭い感じがw

2017年02月26日(日) 第61回 阪急杯(G3)

白旗上げたくなるようなレースw

2017年02月25日(土) 第26回 アーリントンカップ(G3)

中途半端なタイミングだけど、今週からここに予想をアップすることにしたw なお今年、ここまでの競馬重賞予想成績は、 20戦3勝17敗 レース的中率15% 回収率115.7% このままの回収率維持ができればいいなぁ。

サッカー予想 2017 J1 第1節

今年もサッカー(主にJ1)の予想をしようと思う。 ちなみに昨年の成績は、 2016年通算 198勝172敗 的中率54%:予想480 配当488.765 回収率102% だった。 今年の目標は、前年同様、全体で100%超!

第22回 マーチS(G3)

こちらも混戦模様だが、ここは(4)ストロングサウザーの巻き返しに期待する。

第45回 高松宮記念(G1)

混戦模様で正直全然わからない。

UAE Derby(G2)

日本の現3歳世代でダート最強なのは間違いなくゴールデンバローズだ。

第64回 フジテレビ賞スプリングS(G2)

2歳チャンプ(8)ダノンプラチナは買えるか?

第63回 阪神大賞典(G2)

(8)ゴールドシップをどう評価するかが鍵となる一戦。

第29回 フラワーカップ(G3)

前に行きたい馬が揃って流れは速くなりそうなだけに、好位から差せる馬を選びたい。

第29回 中日スポーツ賞ファルコンS(G3)

例年、差し馬の台頭が目立つレースだけに、今年も差せる馬を中心視したい。

ACL2015 1次リーグ H組 広州恒大4-3鹿島アントラーズ

最後まで闘う姿勢は見せたし、内容的にも決して相手に劣っているわけではなかったが、結果はまたしても敗戦。

第33回 ローレル競馬場賞中山牝馬S(G3)

混戦模様の一戦だが、コース適性の高さに期待する。

第49回 報知杯フィリーズレビュー(G2)

昨日に引き続いてここも唯一頭の関東馬に期待。

第51回 中日新聞杯(G3)

関東馬の活躍が目立つこの頃だが、ここも関東馬上位の見立てで行きたい。

第52回 報知杯弥生賞(G2)

予想を書くのを忘れた土曜日のオーシャンS(G3)は、◎サクラゴスペル(7番人気)で馬連&3連複を的中。 ブログに予想を書き残さない方がいいような気がしてきたw

昇級・降級予想

今年は各組とも昇級・降級(点)争いが激化していておもしろい。

ACL2015 1次リーグ H組 FCソウル1-0鹿島アントラーズ

本当に悔しいけれど、アジアの戦いを勝ち抜くには、まだまだ成熟度が足りない。

第89回 中山記念(G2)

イスラボニータの扱いが鍵となりそうなレース。

第59回 阪急杯(G3)

連覇のかかるコパノリチャードだが、斤量58kgは他有力馬との比較から不利。

第24回 アーリントンカップ(G3)

後藤騎手の訃報で、正直、予想に身が入らない。

ACL2015 1次リーグ H組 鹿島アントラーズ1-3ウエスタン・シドニー

内容的にそこまで悪いとは思わないけど、結果は負け。 ヤング鹿島は今年も「ヤング」なままなのだろうか。

第32回フェブラリーS(G1)

連覇を狙うコパノリッキーだが、内枠に入ったコーリンベリーが逃げる直後を2番手に控える形になりそう。「なにがなんでもハナ」というタイプではないだけに、この形自体に問題はなさそうだが、その2番手周辺の争いは激しくなりそうだ。

第49回小倉大賞典(G3)

小回り小倉だけに先行有利だが、ここは逃げ・先行勢が揃ってハイペース必至。 また、近年の同レースの傾向からも差し届く展開になる可能性は高い。

「常勝馬券師の勝ちに行く競馬」

これまでに読んだ競馬本の中から、良さそうな本を順次紹介してみようと思う。 1冊目は、ウマニティでおなじみのスガダイ氏の競馬本「常勝馬券師の勝ちに行く競馬」だ。

第65回ダイヤモンドS(G3)

1番人気が予想されるフェイムゲームを信用できれば話は早いのだが、トップハンデに加え前走が負け過ぎ。能力上位は認めても本命視しにくい。

自分指数作成中

現在、自分用の指数を作成中なのだが、ペースの取り扱いで悩んでいる。ネット上で検索して先人の知恵を頼ってはいるものの、なかなかこうすっきりとした回答はないようで。 とりあえず、試行錯誤しながらやるしかないっぽいので、まずは前半3Fと後半3Fの相関…